医療脱毛メディオスターの特徴

痛みが軽減されている

まず1つ目に、従来のレーザー脱毛と比べて痛みがかなり軽減されています。

本来レーザー脱毛の痛みは毛根組織への熱破壊からくるものでした。

毛根は肌の奥深くにあり、その分痛みも感じやすくなっています。

しかしメディオスターは毛根よりも肌の表面に近いバルジに熱を当てるため受ける衝撃が軽くなり、顎や鼻下、首のような繊細な箇所でも痛みの感じにくい施術ができます。

肌への負担が少ない

2つ目は肌への負担が少ない点です。

バルジが毛根より浅い部分にあるため、今までのレーダー脱毛より低出力で照射が可能となっています。

これは施術後の赤みやヒリヒリを防ぐことに繋がります。

また黒い色に反応する造りではないことから、肌が日焼けした状態でも脱毛を受けられます。

施術時間や期間が短い

3つ目は脱毛にかかる時間や期間が短い点です。

低い出力で肌の浅い部分に照射するメディオスターは、当然1回の脱毛にかかる時間が短いです。

そして毛の周期に合わせることで起こりがちな打ち漏れも、バルジなら存在している期間が長いことから効果的に照射することができます。

つまり無駄な照射を減らし、短い期間で脱毛効果を得られるので、ヒゲが濃く何度通ってもなかなか脱毛効果が実感できなかった方にもお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする